優良ブリーダーとはどんなブリーダー?

子猫関連画像

     
 

動物愛護管理法に基づいて動物取扱業者として登録し、受理されれば、誰でもブリーダーとして子猫の繁殖、販売をすることが可能です。では「ブリーダー」を名乗っていればどんなブリーダーでも安心なのでしょうか?ブリーダーの中には、ときとしてニュースになる悪徳繁殖業者(まるで工場のように次々に子猫を生ませることから、パピーミル/子猫工場と呼ばれる)もいれば、とても真摯に猫たちと向きあうブリーダーもいます。一生を一緒に過ごす子猫との幸福な出会いのためには、よりよいブリーダーから子猫を迎えることがとても大切です。

 
     

優良ブリーダーの条件とは

子猫関連画像
     
 

人気猫種ばかりを乱繁殖、連続出産させる「繁殖屋」「パピーミル」、片手間でペット猫を繁殖させている「バックヤードブリーダー」ではありません。また、純血種のブリードに誇りを持ち、珍しいからといってミックス猫を作ったり、むやみに小さな体格の猫を作ったりすることはありません。本当によい猫を作るために繁殖している、真のブリーダーです。

 
     
子猫関連画像

2.豊富な知識と経験を持ち、情報のブラッシュアップも行っていること
     
 

ブリーディングに必要となる、繁殖学や遺伝学、獣医学や行動学などの知識、経験を豊富に持ち、よい子猫を作るために生かしています。情報収集を欠かさず、知識のブラッシュアップも行っています。

 
     
子猫関連画像

子猫関連画像
     
 

猫種にはそれぞれ「スタンダード(猫種標準)」があり、その猫が作られた目的のほか、体重や体高、身体の各部位の形態、毛色や毛質、そして性質などの基準が細部に渡って定められています。スタンダードはキャットショー、繁殖、トリミングなどにも関わってくる、ブリーダーにとっては基本となるものです。自分が専門とする猫種のスタンダードを深く理解し、自分が理想とする猫を作る努力を続けています。

 
     
子猫関連画像

子猫関連画像
     
 

家族の一員として迎えるのにふさわしい、心身ともに健全な猫を販売します。また、その猫種を適切に飼育することができる環境にあり、終生、愛情をかけて育ててくれる飼い主に販売します。また、アフターフォローも行います。

 
     
子猫関連画像

5.顧客とは誠意ある取引を行い、必要な情報は開示すること
     
 

顧客およびサイト利用者からの問い合わせには、誠意を持って迅速に対応します。トラブルが発生した際にも、誠意を持って迅速に対応します。猫舎の見学、遺伝性疾患に関する情報提供など、必要な情報は開示しています。

 
     
子猫関連画像

子猫関連画像
     
 

健全な子猫を、動物愛護管理法に基づいた手続きに則って販売しています。子猫の販売にあたっては、不測の事態に備えて生体保証を付与しています。また、販売する子猫に対する血統証明書(血統書)を所属団体に申請し、発行後は速やかに引き渡します。

 
     
子猫関連画像

7.社会的健全性を持っていること
     
 

動物愛護管理法に基づいて動物取扱業者の登録をし、動物取扱業登録証のコピーもしくは登録情報をブリーダーズサイトに提出しています。また、動物愛護管理法をはじめとする動物関連法令はもちろん、日本国憲法をはじめとする各種法律を遵守しています。反社会的勢力と関係せず、反社会的活動も行っていません。

 
     
子猫関連画像
子猫関連画像
  • 子猫関連画像
  • 子猫関連画像