猫舎見学のマナーについて

子猫関連画像
 
 

子猫を求める際は必ず猫舎を訪問して、実際に子猫を見てから購入を決めるようにしましょう。猫舎見学に訪れる目的は、もちろん子猫の姿を自分の目で確認するということもありますが、ブリーダーとよくコミュニケーションをとって、信頼関係を築くことも大切です。
子猫購入でのトラブルのほとんどは、インターネットなどで子猫を安易に選んで、ブリーダーと直接会って話をすることもなく購入した場合に発生します。優良なブリーダーであれば、これから飼い主になる方と会わずに、大切な子猫を譲ってしまうなどということは決してしません。
ブリーダーは大切な子猫を譲る相手に対して、必要な情報をしっかりと伝え、子猫を譲った後も相談にのるなどのフォローもします。飼い主となるあなたにとって、ブリーダーは愛猫を健やかに育てる最良のアドバイザーとなる存在ですから、必ず猫舎に訪問してコミュニケーションをとってください。
以下に猫舎見学に訪れる際に知っておきたい事柄をまとめましたので、訪問前に必ず読んでおいてください。

 

子猫関連画像

 

せっかく猫舎に訪れても、子猫のかわいさばかりに気持ちを奪われ、子猫をさわりまくって話も聞かずに帰る…その後の連絡もせず、ブリーダーの迷惑になるだけという人もいるようです。これは論外としても、逆にいろいろ詳しく調べたり、他のブリーダーの話を聞いたりした人が、訪問したブリーダーの話に対して「あちらではこうでした」と言ってまったく話を聞いてくれないといったケースも耳にします。もちろん疑問点があれば質問することは大切ですが、むやみに批判したり、話を聞くことをしないというのは考えものです。
前述したように、ブリーダーと信頼関係を築くことは、子猫を健全に飼育する上でとても大切なことですから、まずブリーダーの意見をしっかり聞きながら、疑問に思ったことは確認するということは最低限のマナーだと言えます。

 
子猫関連画像

子猫関連画像

 

猫舎見学に訪れたら、子猫の健康状態や見た目、反応の良さ、また猫舎での育成環境から両親猫の姿まで、すべてを事細かにチェックして見極めようという気持ちもわかります。
しかし、たとえば子猫がちょうど訪問時間に眠たくなることもあり、無理に刺激して反応を見るといったことは子猫の健康を害するだけです。また、両親猫を実際に見たいと言っても、種雄は別の猫舎の猫であることが多いですし、母猫は出産直後でやせ細っており、被毛のつやもない状態のため、見せられない、見せたとしても参考にならないということもあります。こうした事情を理解した上で、どこまで見学可能かブリーダーに確認してください。

 
子猫関連画像

子猫関連画像

 

訪問の際はブリーダーと日時を相談し、アポをとった上で見学します。このときスケジュールの都合が良いからと言って、同じ日に続けて別の猫舎訪問のアポを入れたり、ペットショップに寄ったり、他猫と接触するような場所に行くことは決してしないでください。
ワクチン接種前の子猫は、感染症のリスクがたいへん高く、猫舎に入る前は手を消毒するなど、衛生面には充分に注意することが必要です。別の猫と接触した足で訪問すれば、感染症を持ち込んで、その猫舎の子猫を全滅させてしまう…といった可能性もあるのです。

 
子猫関連画像

 

以上の項目を押さえて猫舎に訪れていただければ、見学が充実したものになるでしょう。ブリーダーと良好なコミュニケーションをとっていただくことで、さまざまな情報が得られて、自分にぴったりの子猫を見つける多くのヒントがもらえるのです。

 
子猫関連画像
  • 子猫関連画像
  • 子猫関連画像